「亨保雛」(きょうほう びな)

「亨保雛」(きょうほう びな)

男雛女雛 幅約20cm高さ20cm程/飾りサイズ 間口85cm奥行45cm高さ36cm

制作/大橋義之

江戸時代享保年間(1716~36)頃から流行したとされる本金金襴を用いた豪華な大型の雛人形。
面長で抽象的な表情を浮かべているのが特徴。
男雛は束帯姿に似せた衣装、女雛は大きな天冠に女房装束風の衣装で袴に綿を入れて
ボリュームを持たせている。
今回の製作は現在のお飾りに合う小ぶりなサイズで製作致しました。

このページの上部へ