木竹工「 桐造飾棚」(きりづくりかざりだな)

木竹工「 桐造飾棚」(きりづくりかざりだな)

(縦31.0㎝×横72.0㎝×高さ44.0㎝)

制作/櫻田 武士

桐材は古くから大切なものを保管するための家具や箱に用いられてきました。
この棚は初夏の清々しい風をイメージして制作しました。
伝統的な素材や技術をもとに、現代的な感性を活かした作品づくりを目指しています。

このページの上部へ