「彩輝光大棗」

「彩輝光大棗」

高さ75mm 直径74mm(1作品)

制作/大町 憲治

自身が創始考案した漆工芸新技法「彩輝光:さいきこう」で制作した棗です。
漆工芸「螺鈿:らでん」の技法をヒントに京都オパール(人工オパール)を使用して創り上げました。
京都オパールを0.2mmの薄さにスライスし、等倍の大きさの粒子に揃え、棗の塗り面に均一に漆で貼り付けて、
漆で塗り固めて硬化後に研磨して磨き上げた棗は他では存在しない輝きを放っています。

このページの上部へ