加入手続き

異動手続き 

被保険者に異動があったときは、14日以内の届出と手続きを

※手続きに来所される方が組合員(事業主)以外の場合、委任状PDF組合員の顔写真付き身分証明書の写し
 手続きに来られる方の顔写真付き身分証明書が必要となります。ご注意ください。

  こんなとき 持参するもの 注意事項
資格取得 家族等が増えるとき
  • 離職
  • 結婚
  • 養子縁組
  • 転入
  • 出生
従業員 (弟子・スタッフ)を採用したとき
組合員の 認印の他に
  • 住民票 (世帯全員分・マイナンバーが記載されているもの)
  • 組合員の顔写真付き身分証明書
  • 前年度・当年度の《市府民税納税通知書又は課税証明書(所得金額と課税額の証明内容のもの)》
    (19歳以上の方)見本 PDF
  • 離職の時は健保離脱証明書や退職証明書など
  • 出生の時は出生証明書 (写)か母子手帳の他に、出産費用の領収書兼明細書、医療機関の合意文書 (直接支払制度を利用しなかった場合)
  • 2年以上届出が遅れた場合、保険料は2年を限度として遡及します。
  • 住民票のマイナンバーは全員分記載のあるものを提出ください。
脱退 組合をやめるとき
(継続組合員も同じ)
  • 廃業や転職したとき
  • 所属団体を退会したとき
  • 組合から除名されたとき
  • 他の健康保険に入ったとき
  • 市町村国保に入るとき
  • 認可区域外に転出するとき
  • 組合員が死亡したとき
世帯全員の保険証 (従業員世帯も同様)と認印の他に
  • 他の健康保険に入った時はその保険証又は健保資格証明書
  • 死亡の場合は死亡診断書 (写)
  • 転出の時は転出証明書 (写)か転出先の住民票
  • 未納の保険料は必ず清算していただきます。
  • 市町村国保加入の場合は証明書を発行します。
  • 資格喪失後の医療費は返還していただきます。
資格喪失 家族等が減るとき
  • 就職
  • 結婚
  • 転出
  • 死亡

従業員 (弟子・スタッフ)が退職したとき

喪失する者の芸国保険証と組合員の認印の他に
  • 転出・結婚の時は住民票 (除票)
  • 就職した時は会社の保険証又は健保資格証明書
  • 死亡の場合は死亡診断書 (写)
  • 資格喪失後の医療費は返還していただきます。
継続組合員 組合員が75歳到達時点で、加入している75歳未満の家族や従業員のために継続組合員となるとき  
  • 組合員が75歳となる数ヵ月前から意向調査を行います。
  • 継続組合員となった場合は保健事業の利用ができます。 (医療給付は後期高齢者医療保険制度となります。)

このページの上部へ

その他の手続き 

こんなとき 持参するもの 注意事項
住所が変わった
  • 世帯分の住民票(マイナンバー記載済みのもの)
  • 世帯分の保険証
  • 組合員の認印
  • 組合員のマイナンバー通知カード
  • 組合員の顔写真付身分証明書の写し
従業員の住所変更でも㊞は組合員のもの。
住民票のマイナンバーは全員分記載のあるものを提出。
氏名が変わった
  • 当事者の住民票
  • 当事者の保険証
  • 組合員の認印
  • 組合員のマイナンバー通知カード
  • 組合員の顔写真付身分証明書の写し
従業員の氏名変更でも㊞は組合員のもの。
保険証を紛失した
汚れて使えない
  • 本人の身分証(免許証 等)
  • 使えなくなった保険証 (汚れ)
  • 組合員の認印
  • 組合員のマイナンバー通知カード
  • 組合員の顔写真付身分証明書
従業員でも㊞は組合員のもの。
外出先での紛失は最寄りの警察へ届出。
事業主が変わった
(世帯内での名義変更)
  • 事業主変更と分かるもの (開業届 等)
  • 世帯分の保険証
  • 組合員の認印
 
事業形態をかえる
個人→法人事業所に
法人→個人事業に
個人事業所で5人以上雇用
  • 各予定の時点でご連絡ください
  • 法人設立5日以内に厚生年金加入と健保適用除外申請の手続き。
  • 法人解散は閉鎖事項全部証明書 等の提出。
  • 5人以上雇用で全員厚生年金加入と健保適用除外申請の手続き。

このページの上部へ